• ホーム
  • ラブグラを個人輸入するのであればルートの確認が必須になります

ラブグラを個人輸入するのであればルートの確認が必須になります

悩んでいる女性

女性用バイアグラの中でも特に人気を集めるラブグラは、海外で製造された医薬品で、日本では薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。これは、男性用のバイアグラでも同じですが、バイアグラの場合は医療機関で処方してもらうことが可能です。しかし、ラブグラに関しては日本国内の医療機関で処方してもらうこともできません。そのため、海外からの個人輸入が、ラブグラを入手する唯一の方法となります。

医薬品の個人輸入は、輸入する数量を守ったり、他の人に譲渡しないなどのルールを守れば、日本の法律でも認められている購入方法です。しかし、医薬品を個人的に輸入するには、それなりのリスクがあります。個人的に輸入する場合、自力で海外の販売業者を探す必要がありますが、中には悪徳な業者が存在しており、偽物を買わされてしまう恐れがあります。偽物では、期待される効果は得られませんし、どのような副作用が現れるのかも不明です。また、支払いを済ませても商品が届かないなどのトラブルに巻き込まれることも少なくありません。そのため、自分で個人的に輸入するには、流通ルートを十分に確認した上で信頼のおける業者を選択する必要があります。しかし、これを自力で行うのは非常に手間がかかりますし、何よりもリスクが非常に高いです。

そういった事から、ラブグラは通販サイトで購入するのが一般的な入手ルートとなっています。個人輸入通販は、インターネット上で購入手続きができる通販サイトのことで、医薬品の個人輸入に必要な手続きを全て代理で行ってくれます。自力でラブグラの販売業者を探す手間が省けることが最大のメリットですが、信頼性の高いサイトを利用すればトラブルに巻き込まれるリスクも非常に低いです。ただし、個人輸入通販サイトであっても、悪徳な業者というものは存在するため、業者の選定は慎重に行う必要があります。

信頼性の高い個人輸入通販サイトを見極める方法としては、まず特定商取引法に関する記載を確認することが重要です。特定商取引法では、企業名や企業の所在地、運営責任者などの情報の記載が義務付けられているため、この記載がないサイトは避けた方が賢明でしょう。また、サポート対応の窓口がフリーメールであったり、プライバシーポリシーに関する記載が不明確であったりした場合は、信頼性が高いとは言えません。さらに、複数のサイトを比較して、相場よりも極端に安いサイトも危険と言えるでしょう。これらの確認項目は、業者の信頼性を測る最低限の基準となるため、必ず確認して信頼性の高いサイトを利用しましょう。