• ホーム
  • シルデナフィルのジェネリックを選んで費用を抑える!

シルデナフィルのジェネリックを選んで費用を抑える!

考えている女性

シルデナフィルは、男性のED治療薬であるバイアグラの有効成分です。この成分には血流を良好にする作用があるため、男性器への血流を増加することでEDの症状を改善できますが、現在シルデナフィルの特許期限は切れているため、様々な製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を販売しています。

ジェネリック医薬品は、特許期間が満了した先発薬の有効成分を使用した医薬品のことで、開発費用がかからないため安価に購入可能です。同じ有効成分を使用しているため、治療効果や副作用のリスク、使用方法などは基本的に先発薬と変わりません。治療効果が変わらないにもかかわらず安価に購入できるため、現在はバイアグラではなく、そのジェネリック医薬品を購入する男性も非常に多く存在します。なお、シルデナフィルとは、一般的に女性用バイアグラと呼ばれる治療薬にも使用されている成分です。現在、女性用バイアグラにも様々な種類が存在しますが、その中でも最も人気を集めているのがラブグラでしょう。ラブグラもシルデナフィルを有効成分としており、女性器周辺の血流を良好にすることで、一般的に不感症と呼ばれる症状を改善できるという治療薬です。

実はラブグラもジェネリック医薬品で、先発薬はウーメラと言います。ウーメラは、バイアグラと同じ製薬会社であるファイザー社が開発した治療薬ですが、現在はラブグラなどのジェネリック医薬品が数多く販売されています。なお、ウーメラは現在製造が中止されているため、購入することはできません。しかし、現在販売されているウーメラのジェネリック医薬品は、基本的にウーメラと効果は変わりませんし、何より購入費用を抑えることが可能です。そのため、ウーメラでなければいけない理由というものは見当たらないでしょう。なお、女性用バイアグラの購入方法としては個人輸入通販サイトを利用するのが一般的ですが、購入した女性用バイアグラを服用する際は服用量に注意する必要があります。基本的に、女性用バイアグラは、海外女性向けに製造販売されているため、1錠当たりに含まれるシルデナフィルは100mgであるのが一般的です。しかし、小柄な日本人女性が1回に100mgを服用してしまうと、副作用が強く現れる恐れがあります。

シルデナフィルの主な副作用としては、頭痛やほてり、鼻づまり、動悸などが挙げられます。これらは、シルデナフィルの血管拡張作用によって血流が良くなることで引き起こされるもので、正しい服用方法を守っていれば数時間程度で解消されるものばかりです。しかし、1回当たりの服用量が多すぎると、症状が強く現れたり長引いたりする恐れがあります。日本国内では、シルデナフィルの1日当たりの最大服用量は50mgとされているため、必ずピルカッターなどで錠剤を分割して服用することが重要です。